女子大生が感じる毎日

女子大生でいられるのもあと1年なので女子大生ならではの価値観を発信していきたいと思います。

とある女子大生が大好きだった片想いバンドマンから学んだ大切なこと!

 

ずっとためらってたけど

恋愛に関すること

書いていこうと思います。

 

 

とある女子大生がバンドマンから学んだ、

付き合う前の上手な「好き」の伝え方。

(こういう本のタイトルありそうwww)

 

私は自分でいうのもなんだけど

かなりの恋愛体質です。

モテる、モテない関係なく

中学生の頃から彼氏が途切れたことはほとんどないです。

 

そんな私が

自分の恋愛や人の恋愛を振り返って思うのは

 

付き合う前の「好き」の伝え方次第で

未来は変わる!

 

ってぐらい、大事だと思うんです。。

 

片想いをしてる男の人を見てても、女の子を見てても

たまーに、みんな、自分の「好き」っていう気持ちを

がむしゃらに伝えすぎじゃないかな?って。

 

「告白」の画像検索結果

 

でも、私も過去そうだったんです。

 

自分の気持ちを伝えることが正しいと思っていたから。

もちろん、お互いが好き同士であればまた話は別です。

 

だけど、前に片想いしてたバンドマンに

盛大に振られた後、

とっても大事なことを学びました。

 

彼は私にこう教えてくれました。

 

好きって言葉は強力な言葉。

だから使いどころ言いどころを間違えると、

相手にすごい気持ちにさせることがある。

だからねあやか

本当にここだってときに。

すき

っていうと

ずどーんといく。

でも

相手がいま何を考えているのか

しっかり考えてから言うの。

 

色んな好きの待ち方がある。

好きって言ってほしいときの「好き」

突然の「好き」

もはや好きっていうなこいつ

ってときの「好き」(ここちょっとよく分からなかった笑)

 

「好き」を待つ人も、様々な感情なんですわ

 

 

 

この言葉が響くのはもしかしたら私だけかもしれないけど。。

確実に言えるのは、

 

私は彼にすごい気持ちにさせてしまっていたんだなぁということT Tww

 

 「TTポーズ」の画像検索結果

 

 

だから、好きって伝える行為は

魔法みたいに届くこともあるけど

相手が欲しがっていなかった場合

ときにエゴなんだなぁと。

 

確かに、毎日生きるか死ぬか

命をかけて本気で音楽をやっていた人に

私の「好き」は相当うざかっただろうなぁ・・

どうりで彼女になれなかったわけだ・・

 

と、まだまだ子供な女子大生なりに学びました。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

 

 

就活を目の前にして気付かされた大切なこと

 

音楽の力を感じる瞬間は

最初はその歌詞の意味が理解できなくても

自分がある経験をした途端に

その歌詞の意味がすんなり自分のものとなって

はいってくることだと思う。

 

7月12日 私の大好きなアーティスト、UVERworld

『DECIDED』という新曲をリリースした。

この曲の”ある”歌詞によって 

私は最近、逃げるようにして

考えないようにしていた「就活」と

ちゃんと向き合うことができた。

 

”僕らが不安感じるべき事は

自分に何ができるか?じゃなく

自分に何が合うか?じゃなく

本当に心が一番選びたいものを選んでるか?ってことだろう”

 

きっとこの歌詞を聴いても

ピンと来ない人もいると思う。

だけれども、就活するにおいて

大学行かせてくれた親のために何ができるか?

私に向いている職業は何か?

ばかり考えていた私にとって

心に釘を刺すような言葉だった。

 

 

そういえば、高校3年生の頃も

私は受験勉強で悩んでいた。

親は私に、指定校を望んでいたけれど

私は言うことを聞かなかった。

けれど、周りの友達はみんな指定校で

有名な私立大学の合格が決まっていった

 

私立の高校に出させてもらったくせに

親の意見を無視して指定校を使わず、

もしかしたら失敗するかもしれないことに挑戦した自分の選択は

正しいのかどうか分からなかった。

 

そんなときにちょうど

UVERworldの『在るべき形』を聴いた。

一番心に響いた歌詞は

 

“他の誰かの正解は 君の答えじゃない”

 

のところだ。

 

他の誰かの正解は私の答えじゃない

何度も自分に言い聞かせていた

 

“でももし空から思い出が降ってきたら

まだ僕は悔しさでおぼれてしまう“

 

現に、第一志望の大学どころか

第五希望にさえなかった大学に通ってる今でも

正直あのころ受験に負けた自分を思い出すと

とても悔しい。

 

“でも誰が僕のこの未来に絶望していたとしても

自分自身が終わってないかどうかだろう”

 

UVERの歌詞には

あの頃も今も何度も何度も助けられる

そして

そのとき何が1番大切なのかを教えてくれる

 

もし私がこんな経験をしていなかったら

きっとこの歌詞の意味も

彼らが何を伝えたいのかも

分からなかったと思う。

 

歌詞の意味やメッセージの受け取り方は

人それぞれ違うけれど

音楽は自分が何か行動をしたときに

自分のものとなって助けてくれる

音楽の力は凄いと改めて感じた